セブンヒルズホテルの屋上テラスからは、アヤソフィアの全景と、その前に広がる遺跡発掘現場を見ることが出来ます。「海中トンネルの工事現場から出てきた遺跡も、見える所があるよ」とユoo。
アジア側の「ユスキュダル」とヨーロッパ側の「スィルケジ」を結ぶ海中トンネルは、遺跡発見により遅滞していると聞いています。
遺跡好きの私としてはぜひ見てみたい。ギュルハネ公園を後にし、屋上から見えるというその建物へとユooと一緒に向かいました。

ruin-1
アヤソフィア前に広がる遺跡群

ruin-2
スポーツジムの建物屋上から見た遺跡

「完成後の通行料の権利を得る代わりに、大成建設がただで工事しているよ」とユooまさかただという事はあり得ないと思ったけれど、ヒッタイトの遺跡といい、いまだトルコ全土に未知の遺跡はたくさん眠っているに違いない。

この建物の1階は「スポーツジム」になっており、「ハマムを体験しようよ」とユooに誘われる。
ホテルに帰ってもユニットバスだし、深夜便での疲れも限界、ゆっくり汗を流すのもいいかも・・・後から考えれば、知り合ったばかりの男と日本では絶対そんな所に行くはずもないのに、私はユooの誘いに乗ってしまった。
直近の仕事が成功し、その満足感と達成感もあったろう。旅先での開放感もあったろう。でも何よりユooへの好意が、私を大胆にさせた。
もちろん、当然ながら、ハマムは男女別と思った。